Multioud Ambiance Steel
・Sunburst オープン 実勢価格¥235,000前後(税別) JAN:4580228395325

Overview

  • Multioud Ambiance Steel
  • Multioud Ambiance Steel
  • Multioud Ambiance Steel
  • Multioud Ambiance Steel
  • Multioud Ambiance Steel
  • Multioud Ambiance Steel

エレアコ版“ウード”のフレットレススティール弦トップモデル

中近東の伝統的な11弦ナイロンフレットレスOud/ウードをモチーフにして、ギターと同じ調弦で弾ける 今までにないゴダンオリジナルのスチール弦楽器のトップモデル。

非常にエキゾチックで独特のサウンドとトーンを持った楽器で、1〜5弦までが同じ太さの復弦で6弦のみが単線となっています。

ゴダンのダブルチェンバーを採用したマホガニーボディにマホガニーのネックとエボニー指板。 オリジナルのOudと同様の23.03″ (585mm)スケール。フィッシュマンのピエゾとオーラマイクのブレンドができます。

Spec.

■Top Solid Spruce Top
■Body Two-chambered Mahogany body
■Neck Mahogany
■Fingerboard Ebony , 24” (609.6 mm) fingerboard radius
■Scale 23.03” (585mm)
■Nut Width 40.64mm
■Bridge Ebony Bridge
■Pickup Custom voiced electronics with bridge and microphone options
■Color Sunburst
■Strings (.010, .010, .013, .013, .023, .023, .031, .031, .037, .037, .049)
■Other with Hardcase

Video

ゴダン・スティール弦モデルが開く新しい世界を古川昌義がチェック!
<Inuk Ambiance Steel編/デジマート特集>

Feature

Multioud Ambiance Steel
1. Blend
2. Master Vol. 3. Bass 4. Middle 5. Treble
6. Anti-Feedback SW
7. Built-in chromatic Tuner SW
8. Mic Imaging 4-way Switch ※
9. Phase Invert Switch


プリアンプはフィッシュマンAura PROを採用。ピエゾとオーラマイクのブレンド、4段階のSound Image※ など 多彩な機能を持つ。また、複数のチューニングに対応するためチューナー内蔵なのも嬉しいところ。
※ Sound Image
ギターの生音をスタジオマイクで収録したときと同等のサウンド(サウンドイメージ)を作り出し、ピエゾサウンドに ブレンドすることで、ハウリング等に悩まされること無く、驚異的にリアルなエアー感を作り出します。
実際のプロ用定番マイクと同じ特性を忠実に再現した、4種類のサウンドキャラクターが選べます。
1. DPA 4011 Small Diaphram Condenser Mic.
2. Newmann U87 Large Diaphram Condenser Mic.
3. Shure SM57 Dynamic Cardioid Mic.
4. Newmann KM84 Small Diaphram Condenser Mic.
(注)マイク本体はギターに内蔵されていません。

Fishman Under Saddle P.U.
Fishman Under-Saddle Piezo
Fishmanカスタムピエゾにより、輪郭とアタック感が同時に得られるアコースティックサウンド。
サウンドイメージとの組み合わせで、多彩なサウンドメイキングが可能です。

ダブルチェンバーボディー
ハウリングを回避「ダブルチェンバーボディー」構造
ライブで使用されることを前提に考えられたゴダンオリジナル設計のボディ構造です。

ゴダンでは、通常のサウンドホールをなくし、EQ周りの溝を空気孔としています。この結果 ・外からの音はボディ内に入りにくいので外部音に影響されることなく、 よりギターの純粋な音が出る。フィードバックを限りなく最小限にとどめることで ・ギター本来の持つサウンドと、その能力やコントロールをフルに活用できる。 このシンプルな発想をベースにした設計はライブ時に圧倒的な優位性と差別化を確立しました。

デザイン/ボディ構造/ボディ厚/コントロールキャビティなど、見た目のルックス優先でなく、ギター製作のトータルコンセプトから来る意味と理由があるのです。